ベビーバスの代用品となるもの

生まれたばかりの赤ちゃんは、通常のお風呂に大人と一緒に入ることはできません。そのため、退院後にすぐに使い始める沐浴グッズは必須アイテムの一つと言えるでしょう。沐浴をさせるからと言って、必ずしもベビーバスを用意しなければならないというわけではありません。赤ちゃんも1カ月検診を終えて特に問題がなければ、大人と一緒に通常のお風呂に入ることができます。短期間しか使わないものなので、購入せずにレンタルする人も多く見られますが、ベビーバスはほかのもので代用することも可能です。

・ベビーバスは代用可能!

ベビーバスを用意するときには、基本的には赤ちゃんの体が入るサイズの容器であれば、代用することが可能です。もしもリビングで沐浴させたい場合には、床が濡れても片づけがしやすいように、バスタオルやレジャーシートを敷いて行うとよいでしょう。

代用品として透明のプラスチック製の衣装ケースで代用する人が多く見られます。広く使うことができ、沐浴を行わなくなった後も、通常の衣装ケースとして使用したり、おもちゃを入れておくこともできます。しかしベビーバスよりも大きくなるので、もしもリビングなどで沐浴を行う場合には、お湯を入れた状態で運ぶことが大変になるかもしれません。広い容器なので、お湯が冷めやすいので、お湯を移す場合には、温度が下がることも考慮して調整するようにしましょう。

・たらいや洗面器もOK

そして大きめのたらいや洗面器でも代用することができます。これらは100円均一の店でも近年では購入が可能です。赤ちゃんを斜めに支えた時に、腰あたりまでお湯につけることができれば、十分な広さと言えます。手ごろな値段で買えるので、洗い用とすすぎ用の二つをそろえてもよいでしょう。大きめのサイズを取り扱っていないお店もあるので、事前に確認してから購入しに行くと良いでしょう。

・食器洗い用の桶はNG

そして食器洗いに使用する大きな桶を、シンクに置いた状態で沐浴させる方法もあります。衛生的なことも考えて、食器用に使用しているものを、沐浴に使うことはやめましょう。食器洗いに使用する桶はステンレスタイプのものが多いですが、ステンレス製はお湯が冷めやすく、特に冬場は肌に触れたときに冷たく感じるので、冬場はプラスチック製を使用した方がよいでしょう。

・何よりも清潔さは大事!

最後に物を用意せずに、洗面台やキッチンのシンクに直接お湯をためるという方法もあります。お湯をためるための栓が付いていれば、使うことが可能です。使用する前にシンクや洗面台の中はきれいに洗っておくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です