赤ちゃんが生まれたらベビーバスは必要か

赤ちゃんが生まれた後、少しの間しか使わないベビーバスが必要かどうかで悩んでしまうことがあります。ベビーバス自体が場所を取りますので置き場所のない人は購入を考えてしまいますが、生後すぐの赤ちゃんは非常に抵抗力が弱いので私たちが触れても何ともないような雑菌に感染して病気が引き起こされる恐れもあります。また、へそがまだしっかりと乾いておらずグズグズの状態の時にはそこから雑菌が入ることもあります。ですから、大人と一緒にお風呂に入れてしまうのは危険であり、別に入れるようにベビーバスが必要です。おへそが乾いてくるのは生後3週間程度が経過してからであり、生後1ヶ月検診を受診してみて問題がなければ大人と一緒にお風呂に入ることができます。

このことからも分かるように、実際に使うのは約1ヶ月間です。もちろんもっと長く使う人もいるのですが、最低限使わなければならないのは1ヶ月程度です。長く使う場合でも、赤ちゃんの大きさを考えると3ヶ月程度となっていますので、コンパクトなタイプを好む人が多いようです。

実際にどのようなタイプがあるのかというと、赤ちゃんを仰向けにしたまま湯船に入れることのできる横長タイプや、バケツのような形で赤ちゃんがベビーバスの底にすわる縦長タイプ、洗面台にはめ込んで使うはめ込みタイプもあります。横長タイプは昔からある形であり、底が広いので楽に沐浴をさせることができます。縦長タイプは首のすわらない赤ちゃんの場合には支えるのが少し難しいのですが、赤ちゃんがママのお腹の中に居たときの姿勢に似ていますので安心感があるようです。はめ込みタイプはかがんで沐浴させる必要がありませんので、沐浴をさせる人が腰を痛めるようなことがありません。

購入すれば、赤ちゃんを衛生的に沐浴させることができますので非常に便利です。既に上の子がいてお古がある場合には迷わず使うことができますが、新たに購入するとなると他のベビーグッズも買い揃えなければなりませんので他の方法で代用できないかと考えます。

家庭の事情などで購入することができない場合、洗面台やキッチンのシンクにお湯を張って沐浴をさせる方法もあります。赤ちゃんを入れる時は横向きにし、お湯の量は体が半分以上浸かれる程度にします。沐浴をする前には洗面台やシンクをきちんと洗って清潔にしておかなければなりませんので、逐一この作業が必要となるとベビーバスを使うよりも少し手間がかかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です