一人で沐浴可能なリッチェルのベビーバス

ふかふかベビーバス

 現代では、赤ちゃんが産まれてもさまざまな事情があり、一人で赤ちゃんをお風呂に入れている方も少なくなりません。そんな方のために、さまざまな会社から便利なベビーバスが開発されています。

 たくさんあるベビーバスの中でも、リッチェルのベビーバスは口コミなどでも非常に人気の商品です。リッチェルと言っても、さまざまなベビーバスが開発されていてどれも人気ですが、ふかふかベビーバスは特に人気の商品です。こちらの商品は、マットを設置することなく赤ちゃんのずり落ち防止を防ぐストッパーがあるため、一人で赤ちゃんの入浴を行うことができます。折りたたむことができるため、狭いお風呂でも場所をとることなく収納場所に困ることもありません。

 また、こちらの商品はエアータイプのため、腕への負担が少なく赤ちゃんへの負担もなく優しいベビーバスだと言えます。必要がない場合は、空気を抜いておいておくこともできますし、里帰り出産で持ち運びたいという方も安心して利用することができます。新生児から使用することができるという点でも、人気が高いことがわかります。大きめ作りのため、新生児の時期が過ぎても一人でも沐浴をすることができる点でも便利です。

 お腹の中にいた赤ちゃんは、お風呂も大好きです。一緒に沐浴をするとき、お母さんやお父さんも楽しい気分で赤ちゃんを洗ってあげたいと皆思います。リッチェルはそんな考えに沿って開発された、素晴らしいベビーバスだと言えます。

ベビーバスの代用品となるもの

ベビーバス代用

生まれたばかりの赤ちゃんは、通常のお風呂に大人と一緒に入ることはできません。そのため、退院後にすぐに使い始める沐浴グッズは必須アイテムの一つと言えるでしょう。沐浴をさせるからと言って、必ずしもベビーバスを用意しなければならないというわけではありません。赤ちゃんも1カ月検診を終えて特に問題がなければ、大人と一緒に通常のお風呂に入ることができます。短期間しか使わないものなので、購入せずにレンタルする人も多く見られますが、ベビーバスはほかのもので代用することも可能です。

・ベビーバスは代用可能!

ベビーバスを用意するときには、基本的には赤ちゃんの体が入るサイズの容器であれば、代用することが可能です。もしもリビングで沐浴させたい場合には、床が濡れても片づけがしやすいように、バスタオルやレジャーシートを敷いて行うとよいでしょう。

代用品として透明のプラスチック製の衣装ケースで代用する人が多く見られます。広く使うことができ、沐浴を行わなくなった後も、通常の衣装ケースとして使用したり、おもちゃを入れておくこともできます。しかしベビーバスよりも大きくなるので、もしもリビングなどで沐浴を行う場合には、お湯を入れた状態で運ぶことが大変になるかもしれません。広い容器なので、お湯が冷めやすいので、お湯を移す場合には、温度が下がることも考慮して調整するようにしましょう。

・たらいや洗面器もOK

そして大きめのたらいや洗面器でも代用することができます。これらは100円均一の店でも近年では購入が可能です。赤ちゃんを斜めに支えた時に、腰あたりまでお湯につけることができれば、十分な広さと言えます。手ごろな値段で買えるので、洗い用とすすぎ用の二つをそろえてもよいでしょう。大きめのサイズを取り扱っていないお店もあるので、事前に確認してから購入しに行くと良いでしょう。

・食器洗い用の桶はNG

そして食器洗いに使用する大きな桶を、シンクに置いた状態で沐浴させる方法もあります。衛生的なことも考えて、食器用に使用しているものを、沐浴に使うことはやめましょう。食器洗いに使用する桶はステンレスタイプのものが多いですが、ステンレス製はお湯が冷めやすく、特に冬場は肌に触れたときに冷たく感じるので、冬場はプラスチック製を使用した方がよいでしょう。

・何よりも清潔さは大事!

最後に物を用意せずに、洗面台やキッチンのシンクに直接お湯をためるという方法もあります。お湯をためるための栓が付いていれば、使うことが可能です。使用する前にシンクや洗面台の中はきれいに洗っておくようにしましょう。

赤ちゃんが生まれたらベビーバスは必要か

必要性

赤ちゃんが生まれた後、少しの間しか使わないベビーバスが必要かどうかで悩んでしまうことがあります。ベビーバス自体が場所を取りますので置き場所のない人は購入を考えてしまいますが、生後すぐの赤ちゃんは非常に抵抗力が弱いので私たちが触れても何ともないような雑菌に感染して病気が引き起こされる恐れもあります。また、へそがまだしっかりと乾いておらずグズグズの状態の時にはそこから雑菌が入ることもあります。ですから、大人と一緒にお風呂に入れてしまうのは危険であり、別に入れるようにベビーバスが必要です。おへそが乾いてくるのは生後3週間程度が経過してからであり、生後1ヶ月検診を受診してみて問題がなければ大人と一緒にお風呂に入ることができます。

このことからも分かるように、実際に使うのは約1ヶ月間です。もちろんもっと長く使う人もいるのですが、最低限使わなければならないのは1ヶ月程度です。長く使う場合でも、赤ちゃんの大きさを考えると3ヶ月程度となっていますので、コンパクトなタイプを好む人が多いようです。

実際にどのようなタイプがあるのかというと、赤ちゃんを仰向けにしたまま湯船に入れることのできる横長タイプや、バケツのような形で赤ちゃんがベビーバスの底にすわる縦長タイプ、洗面台にはめ込んで使うはめ込みタイプもあります。横長タイプは昔からある形であり、底が広いので楽に沐浴をさせることができます。縦長タイプは首のすわらない赤ちゃんの場合には支えるのが少し難しいのですが、赤ちゃんがママのお腹の中に居たときの姿勢に似ていますので安心感があるようです。はめ込みタイプはかがんで沐浴させる必要がありませんので、沐浴をさせる人が腰を痛めるようなことがありません。

購入すれば、赤ちゃんを衛生的に沐浴させることができますので非常に便利です。既に上の子がいてお古がある場合には迷わず使うことができますが、新たに購入するとなると他のベビーグッズも買い揃えなければなりませんので他の方法で代用できないかと考えます。

家庭の事情などで購入することができない場合、洗面台やキッチンのシンクにお湯を張って沐浴をさせる方法もあります。赤ちゃんを入れる時は横向きにし、お湯の量は体が半分以上浸かれる程度にします。沐浴をする前には洗面台やシンクをきちんと洗って清潔にしておかなければなりませんので、逐一この作業が必要となるとベビーバスを使うよりも少し手間がかかります。

かさばらないシンク用のベビーバスもある

sink

新たにベビーバスを購入するとなると考えてしまいます。使わなければならない期間は大体1ヶ月ほどであり、1ヶ月検診でOKが出れば大人と一緒にお風呂に入れるからです。一度購入してしまえばもう少し長く使うのが普通ですが、それでも生後3ヶ月程度までとなっていますので、その後の収納場所に困る人も多いようです。かといって、せっかく購入したのに捨ててしまうのも勿体ないので、最初から購入しないで済ませることはできないかと考える人がたくさんいます。

・シンクタイプのベビーバス

実はベビーバスには色々な種類があり、シンク用のものもあります。シンクで使うために作られたものではありますが、床に置いて使うことも可能です。サイズは置き型のものと比べるとコンパクトになっていますので、使用しなくなった後でも収納しやすいというメリットがあります。このタイプはシンクにはめ込んで利用しますので、沐浴をさせるママがかがむ必要がなく、腰を痛めることがありません。産後は腰に不調を抱える人も多いので、ただでさえ体調が戻りきらないこの時期に新たな負担をかけることなく赤ちゃんのお世話をすることができるのは大きなポイントです。

最近では住宅事情もあいまって、このタイプを利用する人が増えています。アパートやマンションで育児をするのに、やはり大きなベビーバスは邪魔になってしまいます。賃貸の場合には収納場所も限られてきますので、小さなスペースでもとっておけるシンク用が便利です。今後赤ちゃんを作らない予定なら処分をしても構わないのですが、これから2人目、3人目を考えている場合には誰でも取っておこうと考えます。

・サイズは必ずチェック!

購入する際には必ずサイズをチェックしなければなりません。洗面台やシンクは家によって大きさが異なりますので、サイズが合わないものを選んでしまうとせっかく購入しても使えないという事態が発生します。洗面台やシンクで行うと、場所を取らないだけでなくお湯を入れたり排水をするのも非常に楽ですので、毎日の沐浴が手軽に行えます。

ベビーバスは欲しいけれどサイズの大きいものは使用後に置き場所に困ると悩んでいる人は、シンク用のタイプを探してみると良い商品が見つかる可能性があります。同じようなシンク用であっても機能が色々と違いますので、機能の差も確認しながら選んでいきたいところです。ずり落ち防止のストッパーがあったりヘッドサポートがあると初心者のママやパパでも沐浴しやすくなります。

ベビーバスを使った入浴はいつまで?

baby-875085_640

新生児の赤ちゃんは、まだ抵抗力が低いので家族と同じお風呂ではなくベビーバスを使って入浴します。また、育児に慣れないパパやママが、大きな湯船で一緒に入るというのも大変だということもあります。ベビーバスを使って入浴するのはいつまでなのでしょうか。

特に決まりはないのですが、統計によると1か月が5割ほど、2か月が2割ほどです。最近のお風呂は清潔なので、1番湯に入るようにすれば1か月未満でも大丈夫なようです。ママがシャワー浴ではなく湯船につかってもよいとされる頃から入る場合が多いようです。ただ、1か月以上になったら必ず卒業しなければいけないということではありません。ベビーバスで綺麗に洗うことができる大きさであれば、何の問題もありません。ベビー用の沐浴剤をいれればスポンジで柔らかくなでるだけで汚れも落ちますし、関節に石鹸成分が残る心配もありません。ベビーバスのほうが楽だと感じるのであれば、使い続けて大丈夫です。年子や双子の場合、ベビーバスで入れたほうが何かと便利ということであればそれで構いません。ただ、あまり赤ちゃんが大きくなると、洗いづらくなり汚れが落ちないようになってきます。赤ちゃんの適応体重は4キロくらいに設定されていますが、パパやママが手で支えづらいと感じるなら卒業の時期でしょう。身長なら60センチ程度なので、3か月くらいでもまだ入れます。このころには首も座ってくる時期なので、ずっと浮かせた状態でなくても大丈夫になってきます。ただ、新生児の時には動きが少なかったのが、成長するにつれて動きも激しくなってきます。思わぬ時に暴れて支えきれなくなることもありますので、壁にもたせ掛けるなど注意しながら入れましょう。

おおよそ1か月の間しか使わないので、誰かからのおさがりを利用したり、レンタルを利用する方も多いようです。素材がしっかりしたものなら、子供用のプールとして使い続けている方もいらっしゃいます。また、シンクに入る小さめサイズのものもあるので、お家に合わせたものを選びましょう。かさばるのが不都合な場合は、膨らませて使うエアタイプやマットタイプもあります。うっかり落としてしまう心配もないので、支える腕がとてもラクに使えます。

いずれにせよ、赤ちゃんを綺麗に洗ってあげてコミュニケーションを取ることで赤ちゃんは日々成長していきます。パパやママとの楽しいひと時を十分に楽しんでください。

レンタルでベビーバス問題は解決!

レンタル

・抵抗力の低い赤ちゃんには普通のお風呂は大変!!

生後間もない赤ちゃんは非常に抵抗力が弱く、あらゆる最近に侵されやすい存在です。そんな赤ちゃんが普通のお風呂に入ると、お風呂の細菌に観戦してしまう可能性があります。大人は大丈夫でも、抵抗力がない赤ちゃんは事情が違います。したがって生後間もない赤ちゃんはベビーバスに入れてあげる必要があります。代用品で済ませるということも可能ではありますが、赤ちゃんをお風呂に入れるためにできたものではないため、使い勝手はどうしても悪くなります。その点を考慮すればやはり用意しておきたいものです。

・ベビーバスは使用期間が短い!

一方で、一か月検診を終えて問題がなければ大人と同じお風呂でも構わないといわれており、必要なのは基本的には一か月ということになります。大事を取ってもう少し長く入れるという人でも三か月ほどで大人と同じお風呂に入れるので、実際にベビーバスが必要な期間は極めて限られています。購入してしまえばすぐに必要でなくなり、加えて家においていくと場所を取って邪魔になるというデメリットもあります。こうした点からどうしたらいいだろうと悩む人も多いかもしれません。そんな人のために、レンタルを行っている業者があります。

・レンタルのメリット

業者からレンタルするメリットはやはり、必要なくなったときにすぐ返却できるということです。必要な一か月の間だけ借りてすぐに返せば、今後家のなかで場所を取ることもありません。また廃棄する場合にはふつうごみとしては出せないため、手続きが必要です。そんな手続きの手間もないのです。レンタルできるベビーバスの種類は、業者ごとに違います。品ぞろえ豊富で在庫数も多い業者を選ぶことで、使いやすそうであったり自分が気に入ったりしているものを使えます。借り物だからといって納得のいかないものをしぶしぶ使わなければならないということは決してありません。そのためにも業者選びは気を付けるのがベストです。品ぞろえだけでなく料金プランにもバリエーションがあるので、一社ごとの比較検討がポイントです。また赤ちゃんが使うものなので、清潔に管理されているかどうかという衛生面のチェックも忘れないようにしましょう。

・レンタルはおすすめ!

ベビーバスは生後間もない赤ちゃんの体を清潔に保つために必要不可欠です。その一方ですぐ不必要になるという事実もあり、購入するべきだろうかと考えている人にとっては、レンタルは非常にいい選択肢となりえます。購入するメリットを感じられない人は、借りることで代用することも考えてみるといいでしょう。