ベビーバスのタイプは4種類!

ベビーバスのタイプ

ベビーバスは生まれたての赤ちゃんにおすすめです。

生まれたてなので、抵抗力が弱く、この時期は一緒にお風呂に入る事が出来ないので、ベビーバスを使用しましょう。

また、ベビーバスには4種類のタイプが販売されております。自分の使用しやすい物を選びましょう。
(もしくは数種類購入しても用途ごとに使い分ける事もおすすめです。)

衣装ケースなどで代用品として対応される方も居られますが、元々の用途が違うので、何かあると危険ですので、赤ちゃんの為にもきちんとした物を購入する事をお勧め致します。

・4種類のベビーバスを紹介!!


①床置きタイプ

お風呂やお部屋の床に置いて使用する事が可能なスタンダードなタイプになります。

大きさも様々ありますが、折りたたんだりする事は出来ないので、コンパクトに収納する事はできません。

お風呂かお部屋で使用する際はよく大きさの確認をして下さい。未確認のまま購入すると使用が出来ない可能性があります。


②シンクタイプ

その名の通り、キッチンのシンクに置いて利用する事が可能です。

メリットは腰の痛みの軽減です。赤ちゃんは案外重く、負担が掛かります。他のタイプをご利用で足腰に痛みがある場合は迷わずにシンクタイプを選びましょう。コンパクトサイズの物が多く、持ち運びに便利なのも利点の一つです。

シンクの大きさも様々なので、このタイプを購入する時はシンクの大きさを測ってからお店にお伺いしましょう。


③エアータイプ

使用の際だけ利用できるビニール製品のベビーバスです。

使用しない時は空気を抜いてどこにでも収納する事が可能なのが他のタイプとの違いです。

また空気で膨らませる事により本体が非常に柔らかい為、腕等が当たっても痛みを感じる事がありません。

赤ちゃんを洗ってあげる際にとても便利です。外泊時にも簡単に持ち運びできる点が素晴らしいですね。

もちろん折りたたんで鞄に収納することも可能です。


④マットタイプ

洗面台やキッチンで利用が出来るタイプです。マット敷いてお湯を溜めて赤ちゃんを洗ってあげる事が出来ます。

可愛い絵柄の物が多く、バスマットとしても使用可能です。但し、他のタイプと違い使用後は乾かす必要があるので、注意が必要です。これも持ち運びが簡単に出来て、エアータイプ同様に収納に困る事もありません。


以上がタイプ別の特徴でした。用途に合わせて様々なベビーバスが販売されています。

常にママの事を考えて、使用しやすいタイプが続々と販売されているので、気に入ったタイプの物を選んで、是非ご活用下さい。